So-net無料ブログ作成
検索選択
カメラ ブログトップ
前の3件 | -

ピント位置を変えられるカメラ、新技術LYTROなどが登場 [カメラ]

いくらカメラの性能が上がっても、致命傷なのが「ピントのズレ」。対象物がボケボケっとしていては見るに耐えません。そこで、日立はちょっと不思議な「動画撮影後にピント調整ができるレンズレスカメラ技術」を開発しました。

すでに世の中には後からピント位置を変えられるカメラ、LYTROなどが登場しているのですが、正直そういったカメラはデカイ。しかし日立の新技術では、同心円パターンを印刷したフィルムを利用することで薄型軽量化と高性能化を実現しているというのです。


動画撮影後にピント調整ができる、摩訶不思議なレンズなしのカメラ技術.jpg


不思議…でも、使ってみたい。


具体的な処理としては、

(1)同心円パターンのフィルムを通すことにより「光線が作る影」に画像処理内で同じ同心円パターンを重ね、モアレ縞が発生。そこにフーリエ変換による画像処理をくわえます。

(2)そして撮影後のピント調整技術としては「重ねる同心円パターンの倍率を変える」ことで、ピント位置を移動できるのです。

…わかりましたか? 正直、なにがなにやら…という気もしますね。

しかしこの技術では奥行き情報も画像センサーに記録しているので、後から「任意のピント位置で動画を再生」できるのです。さらに画像処理の計算量を300分の1にまで減らすことで、標準的なラップトップPCで30fpsの動画が撮影できるとのこと。おお、実用化も近そうですね!

このカメラ技術はレンズが不要なのでカメラを薄型軽量化でき、モバイル機器やロボットへの応用もありえるそうです。いつか、自分のスマホでも撮影後に動画のピントを自由に操れる…そんな未来がそのうちくるのかもしれませんね。


カメラ関連記事:
・みんな、何の機材で撮ってる? 写真共有サイトでの人気カメラ番付
リコーが新型360°カメラ「THETA SC」を発表
キヤノンが一眼カメラとレンズのVRシミュレーターを開発


source: 日立



ギズモード・ジャパン引用



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

PhotoshopやGIMPのような写真を拡大しても画質を落とさないようにする方法 [カメラ]

画質をできるだけ落とさずに「写真を拡大する」方法


MakeUseOf : 残念ながら、写真のサイズを大きくすると、普通は画質が著しく落ちてしまいます。今回は、写真を拡大しても画質を落とさないようにする方法の中でも、ベストな方法を2つ具体的に解説していきましょう。



覚えておいて欲しいこと

写真のサイズを上げるというのは、パソコンに情報を追加するよう求めているということです。つまり、拡大した写真を完璧に再現はできません。

パソコンがどの程度推測しなければならないかは、写真のサイズをどの程度大きくしたいかによります。サイズを大きくすれば、それだけ画質は劣化しやすいです。

このことを前もって理解しておくことが重要です。(自宅の大画面スクリーンなどで拡大した写真を見たことがある人は、私の言っていることがよくわかるでしょう)


画質をできるだけ落とさずに「写真を拡大する」方法.jpg



方法1 : 10%ずつ拡大する

画像を拡大してもあまり画質が劣化しない方法として、一般的によくすすめられています。画質を落としすぎずにできるだけ拡大するのではなく、特定のサイズまで画像を拡大しないのであれば最適な方法です。以下の画像を再サンプリングで拡大してみましょう。



現在は幅250ピクセルで、近づいて目を細めれば写真の中の文字が読めるかもしれません。しかし、画像自体はとても滑らかで、見た目は問題ありません。この画像の幅を650ピクセルまで拡大するとこうなります。


画像を拡大してもあまり画質が劣化しない方法.jpg


ご覧の通り、文字はかろうじて読めますが、画像全体の画質は著しく落ちています。画像の細かい部分が見分けがつかなくなっているのがわかります。

いきなり650ピクセルに拡大するのではなく、元画像のサイズから10%だけ大きくしてみましょう。以下は、画像の幅を275ピクセルに拡大したものです。





画像はまだかなりはっきりしています。では次は、幅を325ピクセルまで上げてみましょう。





これでもそこまで悪くはありません。では幅を450ピクセルまで上げましょう。





画質が少し粗くなってきました。これくらいから、画質を保ちつつ、画像の中で強調したいものが十分に見えるくらいできるだけ画像を拡大するよう、少しずつ大きくしていきましょう。

Photoshop」や「GIMP」のような他のアプリも、似たようなオプションがあります。画像を拡大する時は、より滑らかなバイキュービック法を選ぶのも良いです。




方法2 : 専用のアプリやサービスを使う

画像を拡大するために特別につくられたアプリもたくさんあります。例えば「Sharper Scaling」は無料のWindowsアプリで、Photoshopよりもうまく拡大できます。Sharper ScalingのWebサイトに拡大した結果が載っていますが、はっきりと違いがわかります。画像の拡大しかできませんが、無料なので、間違いなくダウンロードする価値はあります。


Macで同等レベルの良い無料のアプリはありませんが、他に選択肢がないわけではありません。オンラインサービスの「Waifu2x」はおすすめのひとつです。Waifuはアニメ画像の拡大は素晴らしい結果を見せていますが、写真の場合は結果が少し不安定です。

それでも、本当に十分に良い仕事をします。他にも大量に画像拡大アプリはありますが、同じ写真でも結果が違うのがわかると思います。

自分が拡大したい写真にとって、どのアプリが一番うまく拡大できるかは、いくつか試してみなければならないかもしれません。今回は、Waifuで拡大したものを参考に見てみましょう。

先ほどの幅250ピクセルの画像を、幅500ピクセルまで拡大しました。


Waifuでうまくいかない場合は、「Online Image Enlarger」や「Simple Image Resizer」や「Rsizr」を試して.png





ズームインしなくても、Waifuで拡大した写真の方がはるかにクリアなのがわかります。このサイトが使用している、畳込みニューラルネットワークは画像の予測においてとても優れており、写真を拡大した後でも驚くほどクリアなのです。しかし、Waifuでうまくいかない場合は、「Online Image Enlarger」や「Simple Image Resizer」や「Rsizr」を試してみましょう。


画質を落としたくない場合は、おそらくこの2つの写真拡大法がベストだと思います。完璧ではないかもしれませんが、テクノロジーの制約がある中では、この2つがベストと言えるでしょう。

今ではほとんどのスマホやカメラで、かなり高解像度の写真を撮ることがでるので、このように画像を拡大しなければならないことはあまりないはずです。もし写真を拡大しなければならない場合は、常にオリジナルの一番大きなサイズの画像から拡大すると覚えておいてください。


How to Digitally Increase the Size of a Picture Without Ruining Picture Quality |MakeUseOf


Dann Albright(訳:的野裕子)
Photo by Shutterstock.

ライフハッカー[日本版]引用







nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

撮影に適した濃い霧が出そうな時間を予測して山へ”霧の波”に飲み込まれた街 [カメラ]

朝のほんのわずかな時間、大地を覆っている「霧」がうねり出すときがあるそうだ。


天気予報や衛星画像を日々ウォッチしながら、撮影に適した濃い霧が出そうな時間を予測して山へと向かう。



もう、こんなことを8年間も続けているというフォトグラファーは、自らをこう表現する。霧の美しさに見せられた者、“Fogaholics(霧中毒)”と。



「霧の波」に飲み込まれた街サンフランシスコ


地上数百メートルにできる霧の波は、まさに海そのものだ.jpg

朝もやの山頂に広がる大海原



山頂までの道のりをもう数百回も行き来するなかで、Nicholasは「霧の高さと濃度の条件が完全に一致したとき、山の輪郭に沿うようにして霧が波を打つように形づくられることに気づいた」んだそう





BoredPandaの記事の中で、彼は一連の写真がシャッタースピードこそ変えているものの、Photshopなどによる加工は一切していないことを綴っている。地上数百メートルにできる霧の波は、まさに海そのものだそう。




いつか、自分もこんな朝に出会えますように。

「霧の波」に飲み込まれた街サンフランシスコ.png


Reference:BoredPanda
Licensed material used with permission by NIck Steinberg


TABI LABO引用



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の3件 | - カメラ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。